リフレッシュ休暇で何しよう?
一定の勤続年数をこえる社員に対し、5年目・10 年目など節目節目で「リフレッシュ休暇」を導入しましょう。有休をつなげて長期休暇にするのもおすすめです。WLBにはこの休暇を利用して「やってみたかった職種のアルバイト」や「アメリカ横断」など、仕事とはまるで違う挑戦をし、ライフの充実をはかる社員が多数。休暇で得たインプットがその後の仕事に活きることも多々あります。
モチベーションUPしたい!
モチベーションUPしたい!

とは