やめる仕事の発見
「仕事の質を高めるために何をすべき?」を考えると、「新しい何か」の議論に集中しがち。やったほうがいいことなんて山ほどあり、「始める系」アイデアは誰でも思いつくものです。こういうとき最も価値があるのは「やめてみよう」の方向性。人、モノ、金、時間。すべて限られた中で仕事をするには、「何をやったらいいか」の発見以上に「何をやめたらいいか」の洗い出しが重要なのです。
時短&効率UPしたい!
時短&効率UPしたい!

とは