柔軟で新しいデキるマニュアル
業務に関わる社内マニュアル。「どこにあるか知らない」「古すぎて無意味」という声も聞きますが、本来は「現時点でのベストな方法が書いてある」はずのものです。「本当に使えるマニュアル」をつくるコツは、現在の担当者ではなく引き継ぐ人がその場で更新すること。これから仕事を覚える人が書くため、その人は内容が頭に入りやすいし、専門的すぎない、最新の内容が維持できます。
時短&効率UPしたい!
時短&効率UPしたい!

とは