休憩の取り方が効率を変える!
在宅勤務でオンラインの会議や作業が重なると、つい時間を忘れてしまいがち。45〜60分に一度は、必ず短めのブレイクを。対面でなら、たとえば会議から会議への移動や近くの席の人との雑談など、「切り替えの時間」が何かしらありますが、ひとりで作業をしていると自身の疲労や効率低下にも気づかず流れで続けてしまうのです。適度な休憩を意識的に取って、集中力をキープしましょう。
在宅勤務を推進したい!
在宅勤務を推進したい!

とは