基本、在宅。
感染症対策や自然災害を機に「在宅勤務」の必要性を認識する人は多いものですが、真の働き方改革に必要なのはいつでも自由に在宅で働けることです。個々の事情によって「基本、在宅」という社員がいてもいいのです。仕事内容が属人化しないように共有し、オンライン会議や朝・夜メールを導入するなど、しくみ・ノウハウを整えて、「在宅で最高のパフォーマンス」を続けていきましょう。
在宅勤務を推進したい!
在宅勤務を推進したい!

とは