在宅支援金
いつでも誰でも在宅で勤務できるしくみを整えるため、「在宅支援金」の制度を設けてみましょう。快適な作業環境を自宅に確保するのに必要な物品(照明器具やモニター、疲れにくい椅子など)を購入する際に、たとえば1人につき年間20,000円まで支給します。「あれを買うと便利だよ」といった情報交換も行えて、コミュニケーションも活発化。あなたなら、何が必要だと思いますか?
在宅勤務を推進したい!
在宅勤務を推進したい!

とは