今日のオフィスは自分で決める
自宅、実家、カフェ、ホテル、移動中の電車など、「その日、最も生産性が高くなる場所」を自分で選んで働けたらいいと思いませんか? 移動時間のムダをなくし、満員電車に乗る精神的負担を軽減できれば、限られた時間内で効率的にそして健康的に働けるようになります。実践のポイントは、仕事の属人化をなくし、朝・夜メールなどを活用してコミュニケーションを円滑にすることです。
時短&効率UPしたい!
時短&効率UPしたい!

とは