朝メール・夜メール
本質的な働き方改革を進めるため、“真に有効なツール”は賢く活用しましょう。まず導入したいのは「朝メール・夜メール」。その日の予定や実際の行動を全員で共有して仕事の属人化を避け、より効率的で戦略的な働き方ができるようになります。さらに「子どもが熱を出しちゃって」「休暇で山登りしてきます」などプライベートな内容を書き込めば、コミュニケーションも促進されます。
時短&効率UPしたい!
時短&効率UPしたい!

とは